長年の悩みを解消できたわきが手術

臭いが気になりだしたのは中学生の頃

臭いが気になりだしたのは中学生の頃 | レーザー治療の特徴 | わきが手術

私は現在44歳の主婦です。
自分の臭いが気になりだしたのは中学生の頃で、両親がわきがだったこともあり、もしかしたら自分もそうなんではないかと気になりだし、友達とも打ち解けて話せなくなってしまいました。
わきがの臭いは自分では確認することができませんでしたが、湿った耳垢や下着の脇の部分が黄色くなることがあったので、確信をもっていました。
自分の体臭が気になっていましたが、中学生や高校生の頃はわきが手術を受けることがとてもハードルが高く、大人になったら絶対に治療を受けようと決意したのを記憶しています。
わきが治療と一口に言っても、いくつかの方法があります。
私がずっと気になっていたのはレーザー治療で、メスを使って皮膚を切らないので傷跡も残らず、治療後の腫れもほとんどないというものです。
昔から痛がりな私にはこの方法が最も適しているだろうと勝手に思い込んでいましたが、実際に治療を受ける段階になるとほかの治療法も気になり、いろいろ自分なりに調べることにしました。

わきが手術の費用は?保険は効くの?もうわきがで悩みたくない!
 https://t.co/xngfIHRhoW ##ワキガ

— ワキガ治す広場 (@wakiganaosuhou) March 10, 2020